オリジナルタグの使命

「好き」を創り出す

オリジナルタグを通して「喜び」や「好き」を創り出す。 それが弊社の使命です。 私たちが普段何気なく立ち寄るお店、手に取る商品には、 「好き」という気持ちが無意識のうちに働いているのだと気が付きました。

一見当たり前のようで特別な、この事実に気づかせてくれたのは、 ある一人のフランス人通訳さんでした。

「はじまりのお話」

~あなたの考え方は間違っていますよ~

オリジナルタグを運営する株式会社ペーパークラフトイトウは、商業印刷物を扱う紙加工業者です。日々様々な印刷物を加工し世の中に送り出しています。

社長は、色々なものを見て学ぶ為に、モナコで開催される「パッケージの見本市」を初めて視察した際、海外のパッケージクオリティーの高さにびっくりしてしまい同行していたフランス人通訳さんに悪態をついてしまいました。

通訳さん画像
通訳さん

モナコの見本市にどんな感想を持ちましたか?

社長画像
社長

こりゃー日本じゃ通じないね。フランスもイタリアもブランド、ブランドなんて言ってさ。モナコだって、世界の金持ちが集まって何だかんだって、こんなカネのかかったパッケージなんか、日本じゃ受け入れられないよ!

通訳さん画像
通訳さん

あなたは本気で言っているのですか?あなたの考えはまちがっていますよ!

社長画像
社長

何が間違っているっていうの?

通訳さん画像
通訳さん

あなたは自分に高いものを買いますか?高いパッケージに入ったものが欲しいですか?

社長画像
社長

そんなもの要らないよ。だから日本じゃ通じないって言ってるじゃないの。

通訳さん画像
通訳さん

私だって自分に買う時は高いものなんて要りません。安いほうが良いに決まってる。パッケージなんて要らない。だけど考えてみてくださいよ。あなたは自分の大切なヒト、大事なヒトに何かプレゼントするなら「誰よりも良いもの」「何よりも良いもの」をプレゼントしたいと思わないのですか?あなたは喜んでくれるヒトの顔を想像しないのですか?

社長画像
社長

そうやって言われると、そりゃそうだね。すまなかった、僕の考えが間違っていたよ。

自分の大切なヒト、大事なヒトにプレゼントするなら・・・通訳さんのその言葉で私たちはモノヅクリの何たるかを改めて振り返り、現在の「喜んでもらう、好きになってもらえる」オリジナルタグへの取り組みに至りました。